【障害者施設の実習】「学びたいこと」について

社会福祉士の実習
スポンサーリンク

初めまして!だいすけです!

このブログにお越し頂きありがとうございます!

今回の記事では、

実習生の方に向けて障害者施設の実習で学びたいこと

について解説しました!

この記事はこんな方におすすめです!

・障害者施設の実習を控えているけど、学びたいことが思いつかない

この記事の根拠となる経験
だいすけ
だいすけ

この記事の著者について

 現在:障がい者施設の生活支援員として勤務

 職歴:福祉用具専門相談員→ショートステイの介護職→生活支援員
 保有資格 社会福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、3級FP技能士

 似顔絵を描いてくれた「福祉系イラスレーター”ぴーさん”のページはこちら>>」

【成年後見人受任までに必要な研修について】

\詳しくをこちらをご覧下さい/

【研修の学びを深めるために読んできた書籍】

\人権、面接技術、法律、etc…/
スポンサーリンク
スポンサーリンク

実習計画書から考える

「学びたいこと」を考えるための参考資料として

私が実習生の時に作成した「実習計画書」をご紹介します!

・実習の目的
・目標

が参考になるのではないかと思います!

この実習計画書は、スクーリングの時に講義の中で

相談援助実習のガイドライン」を参考にしながら作成しました

このガイドラインを読めば

厚労省が考える「相談援助実習の目標」を知ることができます

「そもそも実習はどんなねらいがあって実施されているのか」を知ると、

学びたいことも思いつきやすいのでは思います

・参考にしたガイドライン
・「相談援助実習・実習指導ガイドライン および評価表」
・URL (http://jaswe.jp/practicum/jisshu_guideline2015.pdf)

実習計画書の画像

実習生の時に作成した実習計画書はこちらです!

「障害者施設の実習で学びたいこと」について解説しました!
実習計画書

この実習計画書の各項目について

順番に解説させて頂きます!!

実習の目的

実習計画書に記載した実習の目的がこちらです!

目的1つ目

社会福祉士としての障害者支援について学ぶ。

なぜこの目的にしたのかと言いますと、

以下のようなことを学びたいと考え設定しました!

この目的にした理由

・障害者の方を支援するのに必要な知識(疾患の特徴、薬など)や制度を生の現場で学びたい!

実習生当時、高齢者介護の仕事をしていたため、

高齢者がよく飲む薬や介護保険制度についてはなんとなく理解していました

一方で、障害者支援に関しては、全くの無知であったため、

事前に自分なりに勉強するとともに、現場でさらに学びを深めたいと考えました!

実習時参考にした書籍
図解入門ビジネス 障害者総合支援法がよ〜くわかる本

養成講座のテキストより図が多く読みやすく、

詳しい制度の解説がされているため購入しました!

条文の解説も載っているため、国家試験の対策にも活用できました!

目的2つ目

ソーシャルワークの基本を理解し、実践する。

この目的にした理由

・ソーシャルワークを生の現場を学びたい!

実習が始まるまでの期間、通信生のため学習の中心は

レポート課題に取り組むことでした

そのレポート課題の内容の中には、ソーシャルワークに関する内容もあり、

ソーシャルワークについてテキスト上では学んでいました

テキストでしか学ぶことができない内容もある一方で

「現場でしか学べないこともあるのではないか」と思っていました

なので、テキスト上ではない実習という生の現場でしか学べないことを

学びたいと思いこの目的にしました!

実習の目標

続いて実習の目標です!

実習1週目

・利用者や職員とコミュニケーションが取れる。
・利用者の方との関係形成の方法を学ぶ。

この目標にした理由

・利用者さんとコミュニケーションを取る方法を学びたい!

実習を受けるまで私は、

知的障害のある方と話したことも接したこともほとんどありませんでした

仕事でもプライベートにおいても関わる機会はなく過ごしてきました

ですので、利用者さんとどんなふうにコミュニケーションをとったらいいのか

全くイメージもできませんでした

そのような私だったので、実習1週目の目標は

このように決めてみました!

コミュニケーションのコツについて

声かけ・ジェスチャー・モデリング」がコツでした!

障害者施設の実習。コミュニケーションのコツについて解説しました!

実習2週目

・利用者が求めていることを把握することができる。
・利用者が抱える問題の背景を考える。

この目標にした理由

・障害者の方を支援するため理解すべきことを学んでおきたい!

実習を受けていた当時は、高齢者介護の仕事をしていました

ですので、高齢者の方やそのご家族を支援する上で、

・どんなことを意識すべきか
・どんなことを学んでおくべきか

などはある程度が想像ができていました

しかし、障害者支援においては、未経験であったため

全くイメージができませんでした

なので、この実習期間においては、自分がどんなことを学んでおくべきかを

身をもって理解できるようにと思いこの目標にしました!

自分が知らない分野の支援について知るために

事例集を読めば、社会福祉士が活躍している分野を幅広く学べます!

社会福祉士の事例集を読んでみました!

実習3週目

・援助関係形成の方法を学ぶ。
・アセスメントをし、個別支援計画書を作成する。

利用者さんとの関係はどう作る?

・「社会福祉士の倫理綱領」は利用者さんとの関係作りの参考になります!

社会福祉士と利用者との関係について考えてみました

実習4週目

・実習を振り返る。反省する。
・目的の達成度合いを検証する。

最後に

今回の記事では、

実習生の方に向けて障害者施設の実習で学びたいこと

について解説させて頂きました!

実習に行くにまでに、

「実習先で何を学びたいか」を自分の中で明確にしておくことで

より充実した実習になると思います

有意義な充実になるように、

是非とも事前に入念な準備をなさってください!

実習の心構え

だいすけ
だいすけ

この記事の著者について

 現在:障がい者施設の生活支援員として勤務

 職歴:福祉用具専門相談員→ショートステイの介護職→生活支援員
 保有資格 社会福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、3級FP技能士

 似顔絵を描いてくれた「福祉系イラスレーター”ぴーさん”のページはこちら>>」

【成年後見人受任までに必要な研修について】

\詳しくをこちらをご覧下さい/

【研修の学びを深めるために読んできた書籍】

\人権、面接技術、法律、etc…/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
社会福祉士の実習
daisanをフォローする
社会福祉士が成年後見人を目指すブログ
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました