社会的促進の具体例を考えてみる

社福さん向け書籍
スポンサーリンク

この記事では、

「社会的促進の具体例」ついて

福祉の現場での経験をもとに

考えています!

だいすけ
だいすけ

この記事の著者について

 現在:障がい者施設の生活支援員として勤務

 職歴:福祉用具専門相談員→ショートステイの介護職→生活支援員
 保有資格 社会福祉士、福祉住環境コーディネーター2級

【成年後見人受任までに必要な研修について】

\詳しくをこちらをご覧下さい/

【研修の学びを深めるために読んできた書籍】

\人権、面接技術、法律、etc…/
スポンサーリンク
スポンサーリンク

社会的促進を考えてみる

施設での利用者支援の現場は、

一人だけで回すことはできないことがほとんどです。

数人でチームを組み、お互いに協力しながら、

利用者さんの支援を行い、仕事を進めていきますよね

現場の仕事にかぎらずですが、

他者との協力は、仕事において大切です。

お互いに協力して、仕事をすすめていかなければ

仕事は終わらないですよね。

協力して仕事を進める

私は、高齢者のショートステイと障害者の入所施設で勤務してきました。

どちらの現場も、職員同士連携をとり、

お互いに協力しながら仕事を進めてきました。

他者と仕事をするとき、皆さんはどんな心理状況になりますでしょうか。

数人で仕事をする状況には、特有の状況が生まれることがあるようです。

・社会的促進とは
「一人で作業するよりも、他の人と一緒に作業しているとき、あるいは単に見物する人がいるとき、または単に他の人が存在するだけでも、作業効率が向上すること」

参考文献 社会福祉士養成編集委員会 「心理学理論と心理的支援 第三版」中央法規出版株式会社 p96

社会的促進が生じる理由

社会的促進生じるには原因は

以下のようなものがあります。

・緊張感が生じるから
・他の人からの評価を気にするから
・自分を誇示したいから

これらの理由をみると納得できる自分がいます。皆さんはいかがでしょうか。

他の人の評価に関しては、私は最も気にしてしまいます。

他の人にどう思われているか…気になってしまいます。

他の人によく思われたい…と思ってしまう自分がおります。

チームで仕事を進める

チームで仕事をするうえでは、作業効率が向上したほうがいいですよね。

私の経験でいえば、掃除をするときに感じるときがあります。

利用者さんがいるフロアは広いため、掃除するには時間も手間もかかります。

そんなとき、数人で互いに協力することで、

あっという間に終わる…

なんてことがよくあります。

こんなとき、社会的促進が生じていると思っています。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
社福さん向け書籍
daisanをフォローする
社会福祉士が成年後見人を目指すブログ
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました