社会福祉士【成年後見人材育成研修】受講しました!

Uncategorized
スポンサーリンク
この記事はこんな方におすすめです!

・「成年後見人材育成研修」ってどんなものか知りたい!

この記事の根拠となる経験

・「基礎研修Ⅰ」「基礎研修Ⅱ」「基礎研修Ⅲ」修了
・「成年後見人材研修」受講中(2024年度)

※この記事の情報は2024年6月時点の情報に基づきます。

研修の日程や事前課題等は、各都道府県社会福祉士会によって違いがあります。

だいすけ
だいすけ

この記事の著者について

詳しいプロフィールはこちら>>>

 現在:障がい者施設の生活支援員として勤務

 職歴:福祉用具専門相談員→ショートステイの介護職→生活支援員
 保有資格 社会福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、3級FP技能士

 似顔絵を描いてくれた「福祉系イラスレーター”ぴーさん”のページはこちら>>」

【研修の学びを深めるために読んできた書籍】

\人権、面接技術、法律、etc…/
スポンサーリンク
スポンサーリンク

成年後見人材育成研修の日程

成年後見人材育成研修は、

日本社会福祉士会によってプログラムが定められています。

4日間のプログラムとなっています。

私が受講した日程は以下のとおりです

日程日付
1日目7月13日(土)
2日目8月24日(土)
3日目10月5日(土)
4日目11月9日(土)

・参考ページ「成年後見人養成研修について」
・URL「https://www.jacsw.or.jp/ShogaiCenter/kenshu/2023-0323-1738-22.html

事前課題 1回目

研修1日目までに提出する必要があった「事前課題」は二つありました。

その1

事前課題その1

社会福祉士として成年後見等を務めるにあたり、踏まえるべき視点について考えてみてください。(具体例を挙げて説明してください。)

この課題に取り組むにあたり、まず成年後見制度の基本理念を参考にしました

  • 自己決定の尊重
  • 本人の現有能力の活用
  • ノーマライゼーション

そして、具体例を挙げる必要があることから、

「施設で暮らす知的障害のある利用者さんが施設を出たい」という意思を表明したと

仮定し、基本理念を参考にして視点を考察しました

その2

事前課題その2

成年後見制度における任意後見制度の意義について述べてください。併せて、どのような点で法定後見制度と異なるかについても説明してください。

法定後見と任意後見の異なる点について、以下の観点で文章をまとめました

  • 後見人の選定方法について
  • 本人への介入時期について
  • 後見事務の内容について
  • 後見人に付与される取消権について

研修1日目

研修2日目

研修3日目

研修4日目

研修で使用したテキスト

研修で使用するテキストは指定されたものを各自が購入しました

メインテキストについて

「権利擁護と成年後見実践」

他のテキストについて

「専門職後見人と身上監護」

だいすけ
だいすけ

この記事の著者について

詳しいプロフィールはこちら>>>

 現在:障がい者施設の生活支援員として勤務

 職歴:福祉用具専門相談員→ショートステイの介護職→生活支援員
 保有資格 社会福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、3級FP技能士

 似顔絵を描いてくれた「福祉系イラスレーター”ぴーさん”のページはこちら>>」

【研修の学びを深めるために読んできた書籍】

\人権、面接技術、法律、etc…/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Uncategorized
daisanをフォローする
社会福祉士が成年後見人を目指すブログ
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました