【解説】アドボカシーの具体例について

アドボカシーの具体例について解説しました! 社福・介護職あるある
スポンサーリンク
見出し

この記事では、

アドボカシーの具体例について

考えています!

アドボカシーの具体例を知りたいぁ

という方にとって

参考になれば嬉しいです!

だいすけ
だいすけ

この記事の著者について

 現在:障がい者施設の生活支援員として勤務

 職歴:福祉用具専門相談員→ショートステイの介護職→生活支援員
 保有資格 社会福祉士、福祉住環境コーディネーター2級

【成年後見人受任までに必要な研修について】

\詳しくをこちらをご覧下さい/

【研修の学びを深めるために読んできた書籍】

\人権、面接技術、法律、etc…/
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アドボカシーとは

アドボカシーとは、

「特定の問題や社会的な課題について意見を主張し、

個人や集団の権利や利益を守るために行動すること」です。

以下に、いくつかの具体例を挙げたいと思います。

個人のアドボカシー

  • 身体的または精神的な障害を持つ人々が、医療サービスや福祉制度へのアクセスを求めるために声を上げる。
  • 高齢者が高齢者向けの施設やサービスの充実を求め、地域や政府に働きかける。

団体のアドボカシー

  • 非営利団体や市民団体が、人権や環境問題などの特定の課題について意識を高め、政府や企業に対して政策変更を求める。
  • 小児がんの研究や支援を行う団体が、予算の増加や研究の優先度の向上を促すために運動する。

政治的なアドボカシー

  • 市民が、特定の法律や規制の変更を求めるためにロビー活動や署名運動を行う。
  • 政治団体や市民団体が、選挙や政策立案に関与し、特定の候補者や政党を支持する。

ソーシャルメディアや情報発信のアドボカシー

  • ソーシャルメディアやウェブサイトを活用して、特定の社会問題に関する情報を発信し、意識を高める。
  • ブログや記事の執筆、メディアへの寄稿を通じて、特定のテーマについての見解や意見を広める。

最後に

これらは一部の具体例ですが、

アドボカシーは個人や団体が主体となり、

声を上げることで社会的な変化を促す活動です。

だいすけ
だいすけ

この記事の著者について

 現在:障がい者施設の生活支援員として勤務

 職歴:福祉用具専門相談員→ショートステイの介護職→生活支援員
 保有資格 社会福祉士、福祉住環境コーディネーター2級

【成年後見人受任までに必要な研修について】

\詳しくをこちらをご覧下さい/

【研修の学びを深めるために読んできた書籍】

\人権、面接技術、法律、etc…/
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました