【解説】側面的支援機能とは?

ソーシャルワーカーの機能の一つである側面的支援機能について解説しました! 基礎研修で学んでいること
スポンサーリンク
この記事はこんな方におすすめです!

・「側面的機能」について知りたい!

この記事で分かること

この記事では、

ソーシャルワーカーの機能の一つである「側面的支援機能

について参考文献をもとに解説をしています

だいすけ
だいすけ

この記事の著者について

 現在:障がい者施設の生活支援員として勤務

 職歴:福祉用具専門相談員→ショートステイの介護職→生活支援員
 保有資格 社会福祉士、福祉住環境コーディネーター2級

【成年後見人受任までに必要な研修について】

\詳しくをこちらをご覧下さい/

【研修の学びを深めるために読んできた書籍】

\人権、面接技術、法律、etc…/
スポンサーリンク
スポンサーリンク

側面的支援機能とは?

ソーシャルワーカーが持つ機能は様々にあります

そして、ソーシャルワーカーの機能の分類は、

テキストや専門家によって違いがあります。

今回は「側面的支援機能」についてテキストの解説をまとめてみました

基礎研修テキストの解説

問題を抱えるクライエントが自らの「強み」(strength)を見出し、その問題解決に向けてのクライエント自身による主体的な取り組みを促進する「側面的支援者」(enabler)としての機能である

「基礎研修テキスト 上巻」公益財団法人日本社会福祉士会 編集・発行

ソーシャルワーカーは、

クライエントが自ら問題解決ができるように様々な手助けをする存在であるということですね

問題解決の主体はクライエントであり、

ソーシャルワーカーはその補助的な役割を担います

ソーシャルワーカーが手助けをする際は、

クライエントが持つ強みや得意なことを見つけ出し、

それを活かして支援にあたることが大切ですね

基礎研修ではこんな風に活用しています!

ジャーメイン(Germain,C.)の分類

ソーシャルワーカーの6つの役割

1仲介者(mediater)
2代弁者(advocate)
3組織者(organaizer)
4イネーブラー(可能ならしめる人、enabler)
5促進者(facilitator)
6教師(teacher)

MINERVA社会福祉士養成テキストブック④「ソーシャルワークの理論と方法Ⅱ」ミネルヴァ書房 発行

側面的支援機能とほぼ同じ意味を表しているのは「4イネーブラー」となりますね

ピンカスとミナハン

ソーシャルワーカーの7つの機能

1人々の問題解決や対処の能力を強化し、より効果的に活用できるよう援助する機能
2人々と資源システムを結びつける機能
3人々と社会的資源システムの間の相互作用を促進させ、両者間の関係を修正し、新しい関係を構築する機能
4資源システム内の人々の相互作用を促進し、関係を修正し構築する機能
5社会政策の発展と修正に後見する機能
6物質的資源を分配(給付)する機能
7社会統制をになう機能

MINERVA社会福祉士養成テキストブック④「ソーシャルワークの理論と方法Ⅱ」ミネルヴァ書房 発行

最後に

今回はソーシャルワーカーの機能の一つである

「側面的支援機能」について解説させて頂きました!

「社会福祉士会の基礎研修2」では、

側面的支援機能などのソーシャルワーカーの機能」について学びました

この記事で「基礎研修2」で学んだことを解説しています!

だいすけ
だいすけ

この記事の著者について

 現在:障がい者施設の生活支援員として勤務

 職歴:福祉用具専門相談員→ショートステイの介護職→生活支援員
 保有資格 社会福祉士、福祉住環境コーディネーター2級

【成年後見人受任までに必要な研修について】

\詳しくをこちらをご覧下さい/

【研修の学びを深めるために読んできた書籍】

\人権、面接技術、法律、etc…/
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました